mailシーズ開発
の相談

AMED橋渡し研究プログラム(令和6年度)

募集

国立がん研究センターは文部科学省橋渡し研究支援機関の認定をうけ、CPOTが「橋渡し研究支援を実施する拠点」として、AMED橋渡し研究プログラム申請の窓口となります。

AMED橋渡し研究プログラムとは、AMEDが主導となり、文部科学大臣が認定した橋渡し研究支援機関を通じて、アカデミア等の優れた基礎研究の成果を臨床研究・実用化へと育成するために研究費等の支援を行うものです。本プログラムでは、5つのシーズ区分に対して、支援を行います。各区分は、橋渡し研究支援機関が優れた基礎研究成果を発掘し、特許出願に必要な研究等を見極め「シーズ」に育てるシーズA(早期開発段階)と、機関の支援により開発を進め実用化に向けた研究を行うpreF、シーズF、B、C(後期開発段階)に分かれます。

募集対象

対象課題は、アカデミア等における基礎研究成果に基づき、医薬品・医療機器・再生医療等製品・体外診断用医薬品等の実用化を目指すものとします。開発段階によりシーズをシーズA、preF、シーズF、シーズB、シーズCに区分します。

シーズA preF シーズF
シーズB シーズC
基礎研究 応用研究 非臨床試験 臨床試験
対象課題 2年以内に関連特許出願を目指す基礎研究課題 関連特許出願済みで非臨床POC取得に必要なパッケージの取得を目指す課題 関連特許出願済みかつ、開発にあたって企業連携が確立しており、非臨床POC取得及び治験届提出を目指す課題、あるいは医療への適応のため早期・戦略的な企業導出を目指す課題
関連特許出願済みで非臨床POC取得を目指す課題 関連特許出願および非臨床POC取得済みで、治験開始を目指して1年度以内に臨床試験の準備を完了し、その後2~3年度以内に臨床POC取得を目指す課題
応募条件 支援期間中に企業との対話の開始 研究開発実施予定期間内に治験開始に必須な非臨床試験の項目についての対面助言を終了および企業との連携を行うための計画が立てられていること アカデミアと企業の共同提案、連携企業および導出予定先企業における引き受け後の開発方針、PMDA対面助言を実施していること
PMDA対面助言を実施していること ステージゲートまでに対面助言を終了し、通過後、速やかに治験開始できること
研究費支給額 最大500万円/年度 1,000万円/年度 前半2年間 7,000万円/年度
後半については引き上げを検討
5,000万円/年度 1年目 1,000万円/年度
ステージゲート後
最長3年間 8,000万円/年度
実施期間 原則1年間、最長2年間
(1年度に再評価を行う)
2年間 5年間
最長3年間 最長4年間

応募資格

研究開発代表者が国の施設等機関、公設試験研究機関、学校教育法に基づく大学及び同附属試験研究機関等、民間企業の研究開発部門・研究所等、研究を主な事業目的としている特例民法法人等、研究を主な事業目的とする地方独立行政法人または非営利共益法人技術研究組合に所属し、かつ、主たる研究場所とし、応募に係る研究開発課題について、研究開発実施計画の策定や成果の取りまとめなどの責任を担う能力を有する研究者。

募集中のシーズ

令和6年度 橋渡し研究プログラムの募集は終了しました。
シーズ相談は随時受け付けています。「シーズ開発のご相談」のボタンからお問い合わせください。

課題応募から研究開始までのスケジュール(年間予定)

課題応募から研究開始までのスケジュール(年間予定)

過去のシーズ募集

選定方法

令和6年度支援課題審査および採択の内訳について

令和6年度の委託事業対象課題(preF, F, B, C)は、令和5年8月に公募を行い、シーズpreFは14課題(自拠点:5、他拠点:1、拠点外:8)、シーズFは1課題(自拠点)、シーズBは2課題(自拠点:1、 他拠点:1)の応募がありました。シーズCへの応募はありませんでした。
令和6年度の補助事業対象課題(A)は、令和5年10月に公募を行い、28課題(自拠点:11、他拠点:2、拠点外:15)の応募がありました。

これらの課題に対し書面審査およびヒアリング審査を行いました。

委託事業については、シーズpreF 5課題(自拠点:3、他拠点:1、拠点外:1)、シーズB 1課題(他拠点:1)をAMED公募に申請し、そのうちシーズpreFの3課題(自拠点:2、他拠点:1)が採択されました。
また、補助事業については、新規シーズAとして12課題(自拠点:4、他拠点:1、拠点外:7)を採択し、令和5年度採択のシーズAのうち6課題を継続課題としました。

評価委員会の構成、評価項目・採点・採択基準、審査経過、評価結果(シーズA 新規)は以下の通りです。
注:下記の役職は2023年9月審査時点のものです。

選考委員の構成

委員長 土井 俊彦
橋渡し研究推進センター センター長
先端医療開発センター センター長
副委員長 土原 一哉
橋渡し研究推進センター 拠点統括
先端医療開発センター 副センター長
委員 伊藤 雅昭 東病院 副院長 研究担当(医療機器)、医療機器開発推進部門長・大腸外科長
片山 宏 中央病院 臨床研究支援部門 機器開発・薬事管理室長
都賀 稚香 研究所 副所長
山本 昇 中央病院 副院長 研究担当、先端医療開発センター 新薬臨床開発分野長
吉野 孝之 東病院 副院長 研究担当(医薬品)、医薬品開発推進部門長
委員 医薬品・体外診断・再生細胞担当 上野 秀樹 中央病院 臨床研究支援部門研究実施管理部長、肝胆膵内科医長
北林 一生 研究所 造血器腫瘍研究分野長
久保木 恭利 東病院 臨床研究支援部門 研究実施管理部長、先端医療科医長
越坂 卓也 TAC 代表
中面 哲也 先端医療開発センター 免疫療法開発分野長
畠 賢一郎 株式会社ジャパン・ティッシュエンジニアリング 代表取締役社長
増富 健吉 研究所 がん幹細胞研究分野長
委員 医療機器・診断機器担当 桑木 織葉 MedVenture Partners株式会社 シニアマネージャー
高本 健史 中央病院 肝胆膵外科 医長
竹下 修由 東病院 医療機器開発推進部門 医療機器開発支援部長
肱岡 範 中央病院 肝胆膵内科 医長
矢野 友規 東病院 消化管内視鏡科長

委員5名は書面審査及びヒアリング審査を実施し、医薬品・体外診断・再生細胞担当の委員並びに医療機器・診断機器担当の委員計12名は書面審査を行った。

以下に該当する場合は、当該被評価者(研究開発代表者)に対する書面審査、ヒアリング審査等における質疑等を行うことはできない(利益相反の予防的マネジメントの対象)とした。

  1. 被評価者(研究開発代表者)が家族であるとき
  2. 被評価者(研究開発代表者)が国立がん研究センターにおいて同一の分野、部門、診療科等に所属している者であるとき。又はクロスアポイントメント等で所属する大学、国立研究開発法人、国立試験研究機関等の研究機関において同一の学科等又は同一の企業に所属している者であるとき。
  3. 被評価者(研究開発代表者)が課題評価委員会の開催日の属する年度を含む過去3年度以内に緊密な共同研究を行った者であるとき
  4. 被評価者(研究開発代表者)が博士論文の指導を行い、又は受ける等緊密な師弟関係にある者であるとき
  5. 被評価者(研究開発代表者)から当該委員が、課題評価委員会の開催日の属する年度を含む過去3年度以内に、いずれかの年度において100 万円を超える経済的利益を受けているとき
  6. 被評価者(研究開発代表者)と直接的な競合関係にあるとき
  7. その他深刻な利益相反があると認められるとき

評価項目・採点・採択基準

1.選考委員は書面審査およびヒアリング審査(適宜)により、 「医療現場での必要性」 「新規性」「優位性」 「実用化に向けた計画妥当性」を評価項目として各課題の評価を実施した。

  1. 「医療現場での必要性」:将来的な視点において我が国の健康医療分野での必要性(アンメットニーズ)に加えて、課題とされる点、その解決策が具体的に挙げられているシーズであること
  2. 「新規性」:国内外において、客観的にみても先行例がなく新しい発想に基づく技術、モダリティ、素材等であること
  3. 「優位性」:類似研究(ゴールが似ているものも含む)との差別点が明記され、シーズの強みが記載されていること
  4. 「実用化にむけた計画妥当性」:研究開発期間内における研究計画(タイムライン、マイルストーンなど)に加え、実用化にむけた知財戦略、企業導出、規制当局対応等の予定年月日が具体的に記載されているシーズであること

2.選考委員は各評価項目について、以下の5段階評価で評点をつけるものとし、シーズAに関しては、橋渡し研究プログラム補助事業費による支援が妥当と考える課題を「3」とし、以下の観点から加点、減点を行った。評価は絶対評価とし、各評価項目の点数を踏まえ、強み、弱みのコメントを記入した。 事務局は、課題の評価の結果(総合評価および評価コメント)を個々の研究開発代表者に通知した。

意味 評価のポイント
5 極めて優 極めて国際競争力がある / 我が国の健康医療分野において戦略的に非常に重要な研究開発 /すばらしい提案であり欠点なし、あるいは無視できる程度の欠点あり
4 国内競争力がある / 我が国の健康医療分野において戦略的な研究開発 / 優れた提案だが多くの小さな欠点あり
3 妥当 我が国の健康医療分野において戦略的に投資すべき研究開発 / 優れた提案だが少数の中程度の欠点あり
2 やや不十分 長所はあるが、複数の中程度の欠点、あるいは一つの大きな欠点あり
1 不十分 長所はほとんどなく、多数の大きな欠点あり

審査経過

応募者が作成した申請書をもとに全課題の書面審査を実施した。補助事業のシーズAでは、新規課題の書面評価における中位14課題、継続希望の6課題についてウェブ会議形式のヒアリング審査を実施した。委託事業ではシーズpreF 8課題、シーズF 1課題、シーズB 1課題について同様にウェブ会議形式のヒアリング審査を実施し、シーズpreF 5課題、シーズB 1課題をAMED公募に申請した。

審査通過プロセスチャート

令和6年度シーズA課題の評価結果

採択課題および全応募課題における各評価項目および総点の平均点
医療現場での
必要性
新規性 優位性 実用化に向けた
計画妥当性
総点
採択課題 3.4点 3.4点 3.5点 3.2点 13.5点
不採択課題 2.7点 3.0点 3.0点 2.6点 11.4点
全応募課題 3.1点 3.1点 3.1点 2.9点 12.2点

実績

令和6年度

令和6年度の支援課題は、シーズA 18課題、preF 3課題の計21課題です。

令和6年度シーズA (新規)

シーズ番号 課題名 代表者所属機関 研究代表者
22-A-03 進行前立腺がん治療法の開発 金沢大学 高橋 智聡
23-A-04 R-loop 制御機構を標的とした治療法の開発 国立がん研究センター 町谷 充洋
23-A-07 頸部超⾳波検査の⾃動化に関する研究 産業技術総合研究所 津村 遼介
23-A-10 造血幹細胞指向型脂質ナノ粒子を活用した生体内遺伝子治療法の開発 東京大学 合山 進
23-A-12 特異的腸内細菌を含む結腸融解型経口便カプセルによる便移植の開発 昭和大学 吉村 清
23-A-17 体外増幅した自家造血幹細胞を用いた次世代型骨髄抑制治療法の開発 熊本大学 梅本 晃正
23-A-19 PD-1 免疫チェックポイント阻害剤併用療法の開発 長崎大学 田中 義正
23-A-20 TBD 星薬科大学 眞鍋 史乃
23-A-21 せん妄の新規診断技術の開発 国立がん研究センター 小川 朝生
23-A-23 転移開始細胞に対する治療法の開発 北海道がんセンター 清⽔ 寛和
23-A-26 外科医の術中行動変容をもたらすリアルタイム AI 手術インストラクションシステムの開発 国立がん研究センター 竹中 慎
23-A-28 核酸医薬によるがん治療の最適化 国立がん研究センター 小林 祥久

令和6年度シーズA (継続)

シーズ番号 課題名 代表者所属機関 研究代表者
22-A-03 腫瘍ホーミングペプチドを連結させた次世代光感受性物質の開発 名古屋市立大学 片岡 洋望
22-A-18 咽喉頭表在癌の診断を支援するAIシステムの開発 国立がん研究センター 林 隆一
22-A-20 DDS 製造法の開発 大阪大学 山本 浩文
22-A-23 膵切除後の膵液瘻を予防する革新的補強材の開発 国立がん研究センター 杉本 元一
22-A-32 胆道細菌叢に着眼した新規がん免疫治療開発 国立がん研究センター 熊谷 尚悟
22-A-46 直腸癌術後排便機能障害に対する脂肪組織由来幹細胞および脂肪組織を用いた新規再生治療法の開発 国立がん研究センター 西澤 祐吏

令和6年度シーズpreF

シーズ番号 課題名 代表者所属機関 研究開発代表者
23-preF-02 腫瘍微小環境の代謝システムを制御する次世代代謝阻害剤の開発 東京大学 大澤 毅
23-preF-04 膠芽腫に対する新規賦活化機構実装CAR-T細胞療法の開発 国立がん研究センター 渡邊 慶介
23-preF-13 がん緩和医療及びがん支持療法拡充のための依存性の無い強力な非麻薬性オピオイド鎮痛薬の開発 国立がん研究センター 成田 年